【真似してはいけません】週3徹夜勢のぼくの本気の睡魔対策

日常

こんにちは!いもね(@imonejiblog)です!

今回はぼくが実際行っている眠気対策を紹介します!

 

 

ぼくは大学でアイスホッケーをしています。

とても厳しい部活です。

実はアイスホッケーの練習時間はいつも深夜なのです。(ぼくのツイッターを見てくれればわかると思います)

なぜかというとスケートリンクを貸し切らなければ練習できないからです。

なので部活に入ってからは週3または週4で徹夜の生活が始まりました。

部活で無理やり生活を乱されるのでそりゃ毎日眠い眠い、、、

毎日睡魔との戦いです。

 

 

 

それではぼくの眠気対策を見ていきましょう!

 

エナジードリンクを飲む

これは定番ですね!

エナジードリンクはたくさん種類があります!

モンスターエナジーとかレッドブルとかは有名ですね!

最近はコーラみたいなのも見かけます!

ぼくはモンスターエナジーを常用しています。(笑)

効くかって??

さあ?もう飲み過ぎですからね、、、(笑)

 

仮眠をとる

仮眠すると眠気がスッと飛んでいきますよ!

なんなら下手にエナジードリンクを飲みまくるより有効だと思います。

徹夜の途中に仮眠を織り込んでみてはいかがでしょうか?

ぼくは自分で「5分間睡眠」の技を編み出しました。

仮眠は普通15分とか結構長めの時間を取るみたいです。(インターネット情報です、ホントかはわかりません笑)

しかし日頃から睡眠不足なぼくは15分も寝てしまうとそのまま起きれなくなってしまうんですよね。(笑)

生活習慣を見直すのが最も良いのですが今はそれができないので苦肉の策です。

やり方は簡単です。

①スマホのアラームを5分おきにセットする。
②スマホをちょっと離れた場所に置く。
③寝る。

これだけです。

これだと5分おきに起きないといけないので深い眠りに落ちることはなくなります。

確かに効率は悪いと思いますが少し寝るのと寝ないのとでは全然違います。(個人の意見です)

多分体にとても悪いのでどうしても起き続けなければならないときにだけやってみてください!

 

何かを食べる

これはよくぼくが勉強している時に使う方法です。

口に何か入れてモグモグしてたらとりあえず起きてられる、というわけです。

ぼくは眠い時によくポテチなど塩辛いものやガムとか飴とか口の中に残るものを食べています。

ガムや飴をたべるときは口をたくさん動かして眠気をごまかします。(笑)

 

シャワーを浴びる

これは眠気覚ましには王道の方法ではないでしょうか?

ぼくは仮眠の後にシャワーを浴びてしっかりと目を覚ますことが多いです。

ぬるま湯でちょっとヒヤッとするくらいの温度でシャワーを浴びるとシャキッとします。

どうしても目が覚めないときは真水を浴びてみましょう!(笑)

 

体操をする

体を動かしたら血流が良くなって目が覚めた感覚になります。

朝のラジオ体操の要領です。

なんなら少しランニングしてみるのはいかがでしょう?

良い気分転換にもなりますよ。

 

 

 

 

 

以上の方法は限界に達した体を無理やり叩き起こす方法です。

どうしても、という時にだけ使ってください!

ぼくはこれをほぼ毎日使っているのでストレスで白髪が大量発生しました。(実話です)

他にもっと良い方法がありましたら教えてください!

 

最後に皆さんに伝えたい

以上の方法はぼくがこれまで実践してきて今もなお使っている技(?)です。

でも無理やり体を起こすのは本当に良くないことです。

ぼくは部活があるので仕方なくこの方法を実践しているのですが、なにかしら体に悪影響があります。

例えば、、、

突然気を失ったり、

体が震えたり、

どうしようもない嫌悪感に襲われたり、

頭痛がしたり、

いろいろあります。(全て体験済みです)

 

ぼくは日常的に徹夜をする生活を1年半以上送ってきて慣れてしまいましたが、皆さんは健康的な生活を送ってください!

上の眠気対策の方法はどうしても起きなければならないときだけ使ってください。

常用すれば命を削る羽目になります、、、

では、、、

ぼくは部活の深夜練に行ってきます。

今日も徹夜か、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました