【slack】回転する絵文字スタンプの作り方(GIF画像)

日常

slackで動く絵文字スタンプの作り方が知りたい!

目立つ絵文字スタンプが欲しい!

今回はslackで目立つ「回る絵文字スタンプ」の作り方をご紹介します。

こんな方へおすすめ
・slackで動く絵文字スタンプが使いたい
・目立つ絵文字スタンプがほしい
・絵文字スタンプをを利用する幅を広げたい

はじめに

slackでは絵文字スタンプ機能があります。

文面のみのやり取りなので自分の感情を簡単に表現できる便利な機能です。

また、簡易投票や既読確認、簡単な返答など様々な使い方ができます。

このスタンプですが実はGIF画像を使って回る絵文字スタンプを作ることが出来るのです。

その作り方を簡単に紹介していきます。

関連記事

【Slack】Slackの共有データを印刷する簡単な方法
Slack内のデータを印刷して使いたい! Slackのデータをエクスポートする方法が知りたい Slackで共有されたデータを印刷できれば便利ですよね。 今...
【Slack】チャンネルのメンバー一覧を確認する簡単な方法
Slackのチャンネルに参加しているメンバーの一覧が見たい 沢山いるメンバーの中から特定のメンバーを検索したい 今回はこんなお悩みを解決します。 こんな方へおすす...

動く絵文字スタンプの作り方(GIF画像をスタンプにする)

元画像を作る

今回は画像からGIF画像を作ります。

まずはPowerPointなどで画像を作ります。

今回はこんな画像を作りました。

GIF画像を作る

元画像が作れたら次はこれを回転するGIF画像にしていきます。

今回はこの「くるくるGIF作成」というサイトを利用します。

 

 

まずは参照から先ほど作った画像を選択します。

次に回転方向、回転速度、ループ回数を細かく設定していきます。

最後に「くるくるGIFの生成」を選択しプレビューを表示します。

 

 

最後にdownloadを選択しGIF画像を保存して終了です。

GIF画像をスタンプにする(パソコン用)

それではできたGIF画像を絵文字スタンプにしていきましょう。

まずはslackを立ち上げてください。

次にコメント入力の欄右下のスタンプ(顔文字のところ)を選択します。

スタンプ一覧が開けたら「絵文字を追加する」を選択します。

すると下のようになります。

ここであGIF画像をアップロードし、絵文字スタンプに名前を付けます。

最後に保存するを選択して完了です。

 

 

こんな感じになりました。

小さいスタンプでもしっかりくるくる回っています。

気に入ってもらえてよかった!

まとめ

今回は画像から回転するGIF画像を作りそれをslackの絵文字スタンプにしました。

この絵文字スタンプはGIF画像だけでなく写真などでも作れます。

slackの使いやすさも格段に上がりますので皆さんもぜひ試してみてください。

関連記事

【Slack】Slackの共有データを印刷する簡単な方法
Slack内のデータを印刷して使いたい! Slackのデータをエクスポートする方法が知りたい Slackで共有されたデータを印刷できれば便利ですよね。 今...
【Slack】チャンネルのメンバー一覧を確認する簡単な方法
Slackのチャンネルに参加しているメンバーの一覧が見たい 沢山いるメンバーの中から特定のメンバーを検索したい 今回はこんなお悩みを解決します。 こんな方へおすす...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました