みんなが知らない世界平和記念日とは?

日常

みなさん11月11日の記念日を知っていますか?

実は11月11日はとても記念日が多い日なんです。

例えば、「チンアナゴの日」、「ポッキーの日」などなど…

40個を超える記念日が存在するそうです。

1が並んだ日なので当たり前かもしれませんね。

今回はそんな中であまり知られていない11月11日の「世界平和記念日」についてお話していこうと思います。

世界平和記念日の成り立ち

世界平和記念日は別名「Remembrance Day」と言います。

世界平和記念日は第一次世界大戦の終戦を記念してイギリスの国王ジョージ5世によって定められた記念日です。

簡単に説明すると第一次世界大戦の終戦記念日です。

第一次世界大戦の主戦場になったヨーロッパ各国では祝日となり、戦没者追悼式が行われます。

どんなイベントがあるの?

イギリスやフランスやドイツなどでは11月の第2日曜日または11月11日に近い方の日曜日に戦没者の追悼式が行われます。

またイングランドではサッカーチームが赤色のヒナゲシの花の胸章や黒い腕章をつける習慣もあるみたいです。

日本であまりメジャーじゃない理由

理由の一つとしては第一次世界大戦において日本が戦場になっていない、というのが大きいのではないでしょうか?

そのため遠くの国で起きたことと片付けられ、あまり意識することがなかったのでしょう。

しかし第一次世界大戦は大量破壊兵器なども使用され、歴史的に「戦争」が大きく変わった戦争です。

なので第一次世界大戦に関わった諸国にとっては大きな意味合いを持つ記念日でしょう。

また、それに付随して日本では第二次世界大戦の被害がとても大きかったのも日本であまり意識されない理由でしょう。

日本人にとって大きな戦争といえば第二次世界大戦を想像してしまうでしょう。

まとめ

みなさん「世界平和記念日」のことが少しわかりましたか?

世界にはたくさんの記念日があります。

くだらないものから歴史的に意味のあるものまで…

私たちが知らない記念日でも地域によって大きな意味のある記念日だったりします。

興味深いですね。

【コラム】他にもある11月11日の記念日

上でも述べたように11月11日には40を超える記念日が存在します。

「ポッキーの日」、「チンアナゴの日」はみなさんご存知かと思います。

なにせ11と11はいろいろなものに例えやすいですからね。

個人的に面白いと感じたものの中に「サッカーの日」というものがあります。

サッカーが11対11で行われることが由来だそうです。

これ、面白いのがサッカーの日はあの有名スポーツブランド・メーカーのMIZUMO(ミズノ)が制定した記念日だそうです。

影響力がすごいですね!

 

みなさんもいろいろな記念日を調べてみてはいかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました