【体験談】みんな知らない双子のホンネ

日常
       いもね

実はぼく双子なんです。(笑)

双子ってどんな感じなんですか?

はい、ぼくは双子の片割れです。

よく自分が双子だと言うと双子がどんな感じなのか(どんな関わり方をしているのか)を知りたがる方が多いです。

今回はぼくが双子である自身の目線で感じることを紹介します!

双子でよかったこと

双子には双子ならではのいいことがあります。

双子って結構便利なんですよ。(笑)

みんなの知らない双子の便利さを紹介します!

同い年の遊び相手がいつもいる!

同い年の遊び相手がいつもいる

これってとても素晴らしいことではないでしょうか?

おかげで小学生から遊びで困ったことはありません。

これは本当のことです。(笑)

家の方針でゲーム機が1台も家にありませんでしたが、一緒に外に遊びに行ったり、一緒に工作したりしました。

もちろん1人で遊ぶこともありましたがやっぱり2人いると遊びの種類も増えますよね。

オセロや将棋などのボードゲームにハマっていた時期もありました。

1人っ子よりも断然いろんな遊びが出来たと思います。

良きライバル!

学年が同じ

学校が同じ

中学校までは確実に一緒です。

ぼくは高校も一緒でした。(笑)

学校・学年が一緒ということは学習範囲が一緒ということです。

これは友達といつでも一緒に勉強できるようなものなのです。

あと双子は必然的に比べられます。

そりゃあ似てる顔が2人いたら比べたくなりますわ。(笑)

まあそこがしんどいところでもあるんですけど…(笑)

ぼくの場合成績が近かったのでめちゃくちゃ競争していました。

テスト前とかバチバチでした。(笑)

いま振り返ってみると、こんな身近にライバルがいることが大きな刺激になって成績も爆上がりしました。

2人ともです。

相乗効果でしょうか?

それならば相乗効果素晴らしい、双子サイコー!!

ちなみに部活も小中高一緒でそこでも良きライバルでした。(笑)

良き教師!

上のライバルの話ととても似ているのですが色々なことにおいて良い教師になります。

例えば勉強だとわからないことがあればすぐに質問できます。

常に友達がいる感じですよね。

夜中に勉強してわからないことがあってもへっちゃらです。

なんたって家にいるわけですから。

お互いに支えあっていけるというのも双子の大きなメリットです。

勉強以外でも悩みがあったらすぐに相談できたりします。

気をつかわず本音で語り合うこともできました。

いつも一緒ということのほかに気をつかわないということも良い点です。

兄・弟という上下関係もありません。

学校での忘れ物は怖くない!

何を言っているの?

双子関係ないじゃーん。

違います。

学校・学年が一緒のメリットです。

教科書とか体操服とか忘れたらすぐ貸し借り出来るんですよね。

友達にだって借りれるじゃん。

こう思う方もいるかも知れません。

しかしですね、こっちは身内ですよ?

兄弟です。

気を全く使いません。

借りたものも家で帰せるし。

やはり気兼ねなく貸し借りできたのは良かったですね。

家族なのでトラブルにもなりにくいですしね。(親しき仲にも礼儀あり、一応きちんとしていましたよ)

コミュニティは2倍!

双子って顔が広くなりやすいんですよね。

双子の片割れの友達はもう片方とも仲良くなりやすいんです。

知り合い方はいろいろあります。

間違えて片割れの友達に話しかけられてそこから仲良くなったこともあります。

間違われて喋ったこともない人からなれなれしく話しかけられることはしばしばあります。

結構ドキッとしますよ。(笑)

あとは友達を紹介しあったりもしました。

双子の片割れと仲良くなったらもう片方とも仲良くなりたいと思うみたいです。(笑)

友達は口をそろえてそう言っていました。

普通の年の離れた兄弟に比べて双子は学年が一緒のため輪を広げやすいんです。

なので結果、コミュニティが勝手に広がっていきます。

友達もたくさんできてぼくは幸せでした!

双子で苦しかったこと

やっぱり双子の生活はいいことばかりではありません。

一緒に過ごしすぎるがゆえにちょっとした問題もたくさんおきます。

いらいらしたり双子嫌だなーと思ったこともあります。

やっぱり間違えられる

これは結構しんどいことです。

普通に人を間違えられるってあんまり快くはないですよね。

まあ、もう慣れましたが何度も間違われるとイライラしてしまうことがあります。

みんなにしっかりと区別してほしくて髪型を変えてみたり片だけコンタクトにしてみたりいろいろと努力をしたのですが…

やっぱりそれでも似てるをいうことで…

現実は甘くないですね。(笑)

なかでも厄介なのが分かっているくせにわざと間違えてくる人です。

これは冗談だと分かっていてもイライラします。(ぼくがただ頭が固いだけかも知れません)

やめてほしいです。

なんどそう言ってもやめてくれません。

何が面白いんだか…

もうぼくは慣れてしまいましたがそういうことを双子の人にするのはやめましょうね!

あと出来るだけ違いを見つけて間違えないようにして!(笑)

諦めて苗字呼び

双子の共通の友人に起こりがちの問題があります。

すなわち苗字呼びです。

もともと下の名前で呼んでくれていた子もなぜか苗字呼びに変えてくることがあります。

なぜこんなことになるのでしょうか。

それはめんどくさいからだそうです。

苗字呼びだとわざわざどっちか判断しなくてもよい

こんな理由でした。

なぜか寂しい気がします。

個人をもっと尊重して!!!

下の名前で呼んでもらえるように頑張ります。(笑)

なんでも競争

常に比べられることは1番しんどかったことです。

勉強も運動も身長も恋も…

すべて比べられて

これは負け、あれは勝ち…

といったように分けられていきます。

恐ろしいことにこれをみんな無意識のうちにしてくるんです。

勝手に比べて聞いてもいないのにわざわざ結果を報告してくる、

うんざりでした。

何から何まで勝手に比べられる経験はたぶん双子の人以外ではないでしょう。

確かに良いライバルではあったと思います。

ですがプレッシャーでかなりしんどかったです。

双子はシンクロするの?

これは聞いてみたいと思った方も多いのではないでしょうか?

あくまでも個人の感覚ですが

双子はシンクロします

というかしてます。

同じことを同じタイミングで急に話始めたり、相手がどこで何をしているかが急に分かったりします。

生まれた時からずっと一緒にいるからかも知れませんね。

自分でも不思議な感覚です。

なぜかは分かりません。

人間の神秘といったら楽にまとまりそうなのでそういうことにしておきます。

やっぱり双子はいいぞ

双子はやっぱりいいものです。

双子ならでは苦労やイライラがあったりはしますが仲良くやっています。

大学生になって進路が分かれて住んでいる県も離れたのですが定期的に会いに行ったり飲みに行ったりしています。

やっぱり双子サイコー(語彙力)

今日はここまで!

最後まで見てくれてありがとうございました!

コメント

  1. […] 【体験談】みんな知らない双子のホンネ […]

タイトルとURLをコピーしました