電車で落し物をしました。|ぼくの対処法 (Osaka Metro)

日常

こんにちは。いもね(@imonejiblog)です。

 

今回は電車で忘れ物をしたらどうしたらいいのかをお話します。

と、いうかぼくが忘れ物をした時にどうしたのかについてお話します。

路線はOsaka Metroです。

 

まずは落ち着いて持ち物確認

ぼくはバイトへ向かう途中の電車の中でICカードを落としてしまいました。

改札を通るときにそのICカードを使ったので、改札出れないんじゃないか、と正直あせりました。(笑)

ぼくはまず落ち着いてカバンとポケットICカードが入りそうなところはすべて確認しました。

これで完全に途中で落としたとなるわけです。

 

この確認作業は絶対にすべきだとぼくは思っています。

というか当たり前ですよね。(笑)

人に迷惑かけるし、無駄な労力とお金を使うはめになりますからね。

こういった落し物、なくし物はひょんな所から出てくるものです。

無駄足は避けましょう。(笑)

落ち着いて。

 

状況の確認をしよう

次に自分が通ってきた状況を思い出しましょう。

これは落し物を探すのに有力な情報です。

今回、ぼくがICカードを落として聞かれた情報は

  • 電車に乗った駅
  • 乗った電車の発車時間
  • 乗った電車の車両番号(何両目か)
  • 落し物の特徴

などです。

最低限この項目は把握しておきましょう。

きっと見つかる確率が格段にあがるはずです。

電車の車両番号は普段見ないと思うので「○○駅の真ん中の階段の近く車両」などと説明すればわかるみたいです。(駅員さんが仰っていました)

落し物の特徴は出来るだけ細かく説明しましょう。

駅には毎日数え切れないほどの落し物が届きます。

中には似たような落し物もあるでしょう。

詳しい情報こそ早く落し物を見つけるカギです。

 

駅長室へ行こう

Osaka Metroでは届けられた落し物は届けられた当日および翌日は駅長室で保管されます。

これは届けられた駅の駅長室です。

駅長室は改札の隣にある小さな部屋ではありません。

お気を付けを。

落し物を管理しているのでまずは駅長室で届出がないか確認してもらいましょう。

ぼくは使用中のICカードを落としてしまったのでそこで特別に改札を出る許可をもらいました。

ここでは駅員さんの指示に従いましょう。

 

お忘れ物センターへ電話しよう

もし駅長室で確認しても見つからない場合は時間をおいてから各線のお忘れ物センターへ電話をかけましょう。

そこでも上に書いてある状況と落し物の特徴を説明すれば良いです。

見つかったらどの駅に落し物が届いているのか教えてくれます。

見つかったらあとは取りに行くだけです!

Osaka Metroでは落し物の取り扱い場所が変わるのでしっかりと確認しましょう。

届けられた当日および翌日は各駅の駅長室等、

3日目から約3日間はお忘れ物センター、

それ以降は西警察署

で保管されます。

お忘れ物センターは地下鉄四つ橋線・なんば駅の南改札外通路にあります。

 

(ちなみにぼくはお忘れ物センターに電話したら新大阪駅に届けられていたそうで新大阪駅まで取りに行きました!)

 

お忘れ物センター|Osaka Metro

 

落し物を受け取ろう

落し物を受け取るときに注意すべきことは本人確認書類が必要だということです。

名前と現住所がわかるもの(免許証など)を持って行きましょう。

(住所の記載がない学生証などはダメな場合が多いそうです)

 

落し物をしないのが1番

落し物ををすると無駄な労力、お金、時間を使います。

それに余計な心配ごとが増えます。

出来るだけ電車の中では(どこでも)身の回りの管理はしっかりしましょう。

 

ぼくはスマホとICカードを一緒にズボンのポケットにいれてスマホをポケットから出したときに一緒に出てきてしまったのが原因だと思います。

今回の件で落し物をすると面倒くさいと改める感じたのでこれからは一層気を付けます!

ほんとに見つかってよかった、、、

 

さよなら~

 

お忘れ物センター|Osaka Metro

Osaka Metro|トップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました