鼻くそって何のためにあるの?

日常

鼻くそって何のためにあるのでしょうか?

最近ホコリや花粉で鼻がやられてしまって鼻水ダラダラです…

点鼻薬で鼻水を誤魔化すと鼻の奥に異物感が…

そう、鼻くそです。

皆さんも鼻くそが邪魔で仕方がないと感じたことがあるのではないでしょうか?

人前でほじるわけにもいかないですしね(笑)

今回はそんな鼻くそについて考えていこうと思います!

鼻くそとは?

鼻くそが一体何者なのか皆さんは考えたことがありますか?

Wikipediaにはこう書いてあります。

鼻糞/鼻屎(はなくそ)とは鼻水とホコリが鼻の穴の中で固まったものである。

(Wikipedia)

うっ、汚い…

鼻くそって要するに鼻に入ってきたゴミが固まったものなんですよね…

鼻くその成分は?

鼻くそは上でも言った通り鼻に入ってきたゴミが固まったものです。

成分を詳しく言うと、空気に含まれるゴミ(ホコリやウイルスなど)と鼻水です。

鼻水って鼻の中の血管から出てくる体液で血液の成分を含んでいます。

実は血液には塩分が含まれていてこれが鼻くそを食べるとしょっぱいって言われてる理由なんですって。

絶対美味しくないと思いますが…

鼻くそって何のためにあるの?

ときたまめちゃくちゃ気になってしまう鼻くそ、一体何のためにあるのでしょうか?

 

 

相当な理由がないと許さないからな!

 

 

鼻くそは人がゴミを吸い込まないように大きな役割を果たしています。

汚い空気を吸い込んだときを想像してみましょう。

まず鼻に入った大きなゴミは鼻毛によってキャッチされます。

次にキャッチされたゴミや鼻毛で取り切れなかったゴミは鼻水で湿った粘膜でキャッチされます。

そしてそのゴミを鼻くそとして固めるのです。

そう考えると鼻くそができなっかったら結構ヤバい気がしますね。

ゴミをたくさん吸い込んでしまっていることになってしまいます…

鼻くそができにくくするには?

それでも鼻くそって邪魔ですよね。

気になりますよね。

鼻くそのできるメカニズムを考えれば鼻くそを減らすこともできます。

その方法は、きれいな空気を吸うようにすることです。

鼻くそは空気中のゴミが固まったものです。

それではゴミ吸わなければ良いのです。

埃っぽい場所を避けたり、空気清浄機を使って空気をきれいにしたりしましょう。

マスクを着用するのも一つの手でしょう。

鼻くそを減らすだけでなく快適さも増しますし、健康にも良いはずです。

鼻くそを食べる人がいる!?

世の中には鼻くそを食べてしまう人がたくさんいるみたいです。

人前でそれをするのは良くないことですよね。

それに体にも良くありません。

ではなぜ鼻くそを食べてしまう人がいるのでしょう?

それは鼻くそには塩分が含まれていているから、というのが大きな理由だそうでです。

さすがに大人になってから鼻くそをおいしいと感じることは無いと思いますが、小さい頃にその塩分故食べてしまっていたのが癖になってしまうのが一般的だそうです。

そのような癖は早く直しましょうね!!

 

 

こんな風に鼻くそは邪魔者ではなく体を守るために重要な役割を果たしているのです。

皆さんもちょっとだけ鼻くそのことを見直したでしょう?(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました