【大学生活】2つの団体に所属するメリット・デメリットとおすすめの組み合わせ!

学生生活

大学で友達を増やしたい
幅広く知り合いを作りたい
自分の居場所を見つけたい

大学生になってからこのように思う方はたくさんいると思います!

本記事はこんな方必見です。

ぼくの体験談を踏まえてお伝えしていこうと思います。

はじめに:所属団体は大学生活を左右する?!

まず初めに抑えておきたいのが以下の2つです。

・大学では出会いが大切
・大学は情報戦

大学では出会いが大切

大学は「出会いの場」です。

良くも悪くも、大学での経験がぼくたちの将来を変えてしまうことだってあります。

大学ではたくさんの人と出会い、関わります。

さまざま価値観の人との出会うことでいろんな文化に触れ自分を見つめ直すことができるのです。

大学での出会いは自分が成長するためにも、「大人な」考え方ができるようになるためにも大切なことなのです。

大学は情報戦

これに関しては大学生になった後に気づく方も多いと思います。

本当に大学生活は「情報戦」なのです。

例えば、テスト勉強。

大学の勉強は難しく授業をまじめに受けていてもテストで高得点を取ることは難しいです。(ものによります)

しかし、そんなときに役に立つのが「過去問」です。

大学では、先輩から後輩へ、友達から友達へ、過去問のやり取りが頻繫に行われます。

ここでそのネットワークから外れた人、つまり過去問をGETできなかった人が単位を落とすことになります。

まじめに勉強していても過去問がなくて単位を落とした人を何人も見たことがあります。

恐ろしい世界ですね…

大学で何かしらの団体に所属していればこの情報戦に負けることはなくなります!

2つ以上の団体に所属するメリット・デメリットとは?

2つ以上の団体に所属するメリット・デメリットは

メリット
・さまざまな人に出会える
・「情報戦」に勝ちやすい
デメリット
・時間の制約が大きい
・お金がかかる

です。

では詳しく見ていきましょう。

メリット

・さまざまな人に出会える

ある団体の中にはいろんな人がいますが、団体ごとに「色」があります。

従って、複数の団体に所属することによって人との出会いや人との繋がりが広くなるということですね。

 

ざっくりとした例をご紹介します。

例えば、ぼくの場合。

ぼくは「部活」と「ボランティアサークル」に所属しています。

部活には

スポーツ大好き、勉強嫌い、ちょっとチャラい、オシャレ、美男美女…

こんな人たちがいます。

一方、ボランティアサークルには

ボランティア好き、穏やか、まじめ、勉強熱心、自然が好き、大人…

こんな人たちがいます。

 

所属する団体によってかなりメンバーの特徴も違ってきます。

1つの団体に所属するだけだとどうしても考え方などが偏ってしまうことがあります。

いろんな人と出会いたい!広く人の考え方を知りたい!と思っている方は複数の団体に所属するのが良いでしょう!

 

・過去問などの「情報戦」に勝ちやすい

上で紹介した通り、大学生では過去問などをめぐる「情報戦」が展開されます。

しかし、団体に所属すると先輩・後輩の「縦のつながり」ができ、先輩から過去問を貰うことができます。

ただ所属団体が1つだけだと目的の過去問がGETできないこともあります。

複数の団体に所属していくと、そういう時に困らなくて済みますね!

デメリット

・時間の制約が大きい

団体にもよりますがサークルなら週に1,2回、部活なら週に3回以上は集まります。

団体の掛け持ちをすると時間がかぶったらどちらかを諦めなければなりません。

また、団体の予定をぎゅうぎゅう詰めにして遊んだり、バイトしたりする時間がない…ということにもなりかねません。

うまく予定を考えたうえで団体への参加を決めてください。

大切なのは「優先順位」ですよ!

 

・お金がかかる(場合がある)

サークルや部活などの団体には「活動費」なるものが存在します。

それは団体によってピンキリです。

基本的にかかるお金は「部活」>「サークル」ですが、旅行やの飲み会の多いサークル、変わった活動をしているサークルなどはお金がかなりかかる場合があります。

団体を掛け持ちするとバイトする時間もなくなるのでお財布としっかり相談しましょう!

ぼくがおすすめする組み合わせ

ぼく(と友人)がおすすめする団体の組み合わせをご紹介します!

部活+ボランティア団体

ぼくが一番おすすめする組み合わせが「部活」+「ボランティア団体」です。

ボランティア団体に参加していれば好きなときにボランティア活動に参加することができます。

ボランティア活動はいろんな人に出会えていろんな価値観を知れますし、何と言っても就活でも微力ながら役に立ちます。

部活で忙しい中、部活以外の人と知り合いという方におすすめです。

部活+サークル

比較的ゆるいサークルなら忙しい部活に所属していても掛け持ちすることができます。

大学生のサークルは行く行かないはかなり自由なので忙しいときはサークルへの参加を減らして、暇ならサークルに積極的に参加する、というように調節することができます。

運動サークル+文化系サークル

いろんな価値観の人に広く出会いたいなら「運動サークル」+「文化系サークル」です!

ともにサークルなので参加の自由度の比較的高いですし、何と言ってもジャンルの違うサークルに入ることでそこにいる人のタイプも大きく違います。

多くのの大学生がこの組み合わせをしています。

運動サークル+運動サークル

運動が好き・いろんな種類のスポーツがしたい、という方にはこの組み合わせ!

比較的自由に参加できるサークルの利点を大いに利用していろんなスポーツに挑戦しましょう!

ただ、「いろんな価値観を持った人に出会える」訳ではないので注意!

まとめ:自分に合った団体を見つけよう!

いかがでしたか?

大学生に入ってすぐにくる団体選びですが新歓などに流されずにしっかり考えて決めましょう!

初めの団体選びで大学生活は大きく変わります。

自分に合った団体を見つけて後悔のないようにしてくださいしてください!

楽しい大学ライフを!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました