【垢抜け】大学デビューしたぼくが意識したこと

学生生活

こんにちは、いもねじ(@imonejiblog)です。

 

今回はぼくの大学デビュー体験(少なくとも自分ではそう思っている)を簡単に紹介したいと思います。

皆さんの大学デビューの参考になれば幸いです!

 

 

みなさん、こちらの写真をご覧ください。

1枚目が高校生、2枚目が現在のぼく写真です。

 

 

 

 

 

 

だいぶ変わったと思いませんか?

今回は、大学デビューで「垢抜け」ることでなにが変わるのか、ぼくがどのようにして「垢抜け」たのかをご紹介します。

「垢抜け」について思うこと(ホントにどうでもいい話)

試しに「垢抜ける」、「垢抜け」などとインターネットで検索してみました。

検索上位にでてくるのはどれも

「美女」→「もっと美女」とか「イケメン」→「もっとイケメン」

とかこんなんばかり。

 

正直、全然参考にならない。

「垢抜け」って別に美女とかイケメンになるってことじゃないじゃん。

本当の「垢抜け」って、

「見るに堪えない」→「マシ」

じゃないの?

ぼくが本当の「垢抜け」を見せてやる!(たぶん)

こんな気持ちでこの記事を書いています。

「垢抜け」たことで何が変わった?

 

ぼくが「垢抜け」たことで感じたことは以下の4つです。

・人前でハキハキと話すことができるようになった
・友達の幅が広がった
・異性から話しかけられるようになった
・自分の見られ方を気にするようになった
「垢抜け」する前までは
「自分に自信が持てず、自分の殻に閉じこもっているタイプ」
でした。
しかし、「垢抜け」に成功してからは、自分から積極的に会話などをするようになり、自分に少し自信が持てるようにもなりました。
異性から話しかけられる、という夢もかないました。(笑)
人生初の逆ナンはいい思い出です。(笑)
「垢抜け」前と「垢抜け」後で大きく変わったことは、
「自分に自信が持てるようになった」
ということです。
自分に自信がもてるようになると、いろいろなことに積極的に関われるようになり、今までの「無理だ」とか言い訳していたことにまで挑戦できるようになりました。
また、「自分が周りにどのように見られているか」を気にするようになったのは大きな成長だと思います。
自分の見られ方を気にすることができるかできないかで「垢抜け」できるかできないかが決まってきます。(後で説明しています)

「垢抜け」るためにぼくが行ったこと

 

ぼくが「垢抜け」るために意識的に行ったことは以下の4つです。

・服装を変える
・髪の毛をセットする
・コンタクトにする
・清潔感に気をつける

 

全てイケてる友人を見て勉強しました。

身近な友人をまねるだけでも結構変わってきますよ!

服装を変える

まずは、服装です。

「垢抜け」できていない人の共通点として

「服装が死ぬほどダサイ」

があります。

これに関しては高校生のころの自分に強く言いたかった…

ぼくは高校生のころの普段着は蛍光色の体育祭Tシャツでしたからね…

自分にしっかり合った服装をするのが大事です。

 

でも、センスがなければどうしたら…?

そんなときはセンスのありそうな友人に選んでもらいましょう。

「垢抜け」できていない人が独断で服を選んだら失敗するに決まっています。

ぼくも服選びには全く自信がないのでいつも友人にお願いしています。(笑)

髪の毛をセットする

まずはこの写真を見てください。

これは大学に入学したてのときのぼくです。

 

 

なんか芋臭いのはどうしてでしょうか?

理由はいくつもあるでしょうが、その一つに

「髪型」

があります。

毎日しっかり髪型を整えるのは結構大事ですよ。

見た目の印象って結構大事で、こういうところで人の内面まで評価されることもあります。

 

美容室に行って「垢抜け」た髪型にしてもらうのも良いでしょう。

「垢抜けたいです!」とお願いしたら、美容師さんがセットの方法など優しく教えてくれました。(大学生になって初めて美容室に行きました)

コンタクトにする

ぼくは中学からずっと眼鏡でした。

眼鏡からコンタクトにするとだいぶ印象が変わります。

今までずっとダサイ眼鏡だったのでコンタクトにして正解でした。

ずっと眼鏡の方はぜひ挑戦してみてくださいね。

清潔感に気を付ける

大学に入るまでは服はしわしわ、髪はぼさぼさでした。

 

「モテるには清潔感が大事!!」とよく言われているように、人は清潔感を結構気にするようです。

「どんな感じに見られているか」、「どんな風に思われているのか」の様に、自分の見られ方を意識するといかに清潔感が足りていないことがわかります。

 

 

ぼくは特に服装、髪、爪、匂いに気を付けました。

 

しっかり服にアイロンをかける、寝ぐせは絶対直す、爪はしっかり短くする、爪の間にゴミがないようにする、汗臭くしない、香水をつける、などなど…..

 

せっかく服装や髪型など体裁を整えても清潔感がなければ意味がないのでめちゃくちゃ気にかけました。

まとめ

 

絶対に「垢抜け」た方が良いとは言いませんが、「垢抜け」たことで少なくとも

「これで大学生活乗り越えられそうだな…」

と感じました。

前までのまま変わらなったら今ごろ楽しい大学生活はやってこなかったんだろうなぁ…

こんな風に思います。

 

 

以上、ぼくの大学デビューでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました